銀行から融資を受ける為に不動産担保ローンを組む

人生において、多額の資金を必要とすることがある。

それは、マイホームを建てることであろう。

サラリーマンが家を建てるには、元資金が無い場合、長期のローンを組まなければ実現しない。

大学を卒業して就職し、退職する迄に30年以上のローンを組むことで、ようやくその夢を現実のものとすることができる。

ところで、このマイホーム資金を借り受ける先となると、一般的には銀行ということになる。

銀行では、マイホームローンなるものが存在し、基本的には、無担保での長期ローンを利用することができる。

しかし、銀行側の審査によっては、借り受けができない場合もありうる。

そこで、借り受けを可能とする為の手段として、不動産担保ローンを組むとになる。
不動産担保ローン | 不動産担保融資・不動産担保ローンの明治アセット株式会社

幸い、土地は自己所有であり土地を担保に不動産担保ローンを組むことができた。

ただ、これからサラリーマンとして40年近いローン返済が続く中で、今、勤めている会社は、倒産することなく継続できるのかという不安はつきまとう。

もし、ローン返済中に勤めている会社が倒産した場合どうなるか。

当然、ローン返済の為に就職口を探さなければならない。

こうなると、自分の人生は、ローン返済の為にあるようなものに思えてくる。

マイホームを持つことは、覚悟のいる選択である。